あまのいわと
天の岩戸
古事記/日本書紀




(左記写真は下出やぐら・大屋根懸魚正面)



● 天の岩戸(古事記/日本書紀)

天照大神(アマテラスオオミカミ)は弟神・素戔嗚尊(スサノオノミコト)の度重なる暴挙に怒り、天の岩戸に隠れ、天地は闇となりました。八百万の神々は困り果て相談した結果、岩戸の前で天児屋根命に祝詞を奉上させ神々は笛や太鼓を奏で、天宇受売命には踊り狂わせました。そして常世長鳴鳥を鳴かせて天照大神を誘い出そうとしました。すると天照大神は「外は闇であるはずであるのに、皆はなぜ楽しく騒いであるのか?」と思いました。そして少し岩戸を開けて御覧になった時、力持ちの天手力男神が岩戸を開いて天照大神を外へ出し、天地には光が再び戻ったと言う神話に基づきます。







箱作東やぐら / 大屋根桝合正面



新町やぐら / 大屋根鬼板・懸魚正面



下出やぐら / 大屋根懸魚正面



和泉鳥取やぐら / 大屋根車板正面



大西町やぐら / 大屋根桝合正面



先代・大西町やぐら / 大屋根桝合正面



尾崎宮本町やぐら / 大屋根懸魚正面



市場やぐら / 大屋根桝合左面



大苗代やぐら / 大屋根車板正面



岡田西組 / 大屋根桝合正面



岡田北組 / 大屋根桝合正面



陸宮本やぐら / 大屋根車板正面



獅子講やぐら / 小屋根幕板右側



男里南組やぐら / 大屋根桝合正面



天乃岩屋神社