ふじのまきがり
富士の巻狩り




(市場やぐら・小屋根欄間右面)



富士の巻狩り(建久4年/1193年5月・源頼朝)

富士の巻狩りとは建久4年/1193年5月、源頼朝が多くの御家人を集め富士の裾野付近を中心として行った壮大な巻狩のことで、征夷大将軍の権威を誇示するためや軍事演習等の目的のために行ったと伝わり数えきれない程大勢の御家人が参加したという。巻狩り3日目、大猪が源頼朝に向かって突進してきたのを仁田四郎が退治したと言う逸話や狩猟された獲物の数で源頼朝から報償が与えられたと伝えられている。







市場やぐら / 小屋根欄間右面



市場やぐら / 小屋根欄間左面



大苗代やぐら / 大屋根板勾欄正面左



大苗代やぐら / 大屋根板勾欄正面右



大苗代やぐら / 大屋根板勾欄右面



大苗代やぐら / 大屋根板勾欄左面



岡田北組やぐら / 大屋根欄間正面