ほりかわやうち
堀河夜討
文治元年/1185年10月17日・源義経 vs 土佐坊昌俊




(上記写真は陸宮本やぐら・正面向かって右側大屋根幕板)



堀川夜討(文治元年/1185年10月17日・源義経 vs 土佐坊昌俊)

壇ノ浦で平家を討ち滅ぼした後、源義経と対立していた兄・源頼朝は文治元年、ついに頼朝は義経討伐を決意し土佐坊昌俊らを京へと送り込んだ。同年10月17日の夜、土佐坊は六条堀川にあった源義経の館を襲撃する。源義経は郎党わずか七人と静御前とであったが、源義経自ら討って出て必死に応戦、土佐坊昌俊らを散々に討ちまかし夜討ちは失敗に終るのであった。敗れた土佐坊昌俊は鞍馬山に逃げ込んだが源義経の郎党に捕らえられ、六条河原でさらし首にされた。源義経はこの襲撃が源頼朝の命である事を聞き翌18日、兵を挙げる。



◎ 京都府京都市東山区付近の地図


300万広域図(潟Aルプス社 "プロアトラスSV"より)   ※ 上図をクリックすると拡大します。



25万広域図(潟Aルプス社 "プロアトラスSV"より)   ※ 上図をクリックすると拡大します。







自然田上東組やぐら / 大屋根幕板左面



陸宮本やぐら / 大屋根幕板右面