くらまやま うしわかまるしゅぎょうのば
鞍馬山 牛若丸修行の場
源義経




(市場やぐら・大屋根小脇板正面左)



鞍馬山 牛若丸修行の場

牛若丸(源義経の幼名)は7歳の時、僧になるために鞍馬山に入れられました。しかし牛若丸は平家を倒す事ばかり考えていました。すると牛若丸は山の中で天狗と出会い心境を語りました。この天狗は鞍馬山の大天狗である事を明かし、烏天狗と共に牛若丸に剣術を伝授する事にしました。日中は東光坊にて仏法修行に励み、夜になると東光坊を抜け出し奥の谷にて大天狗・烏天狗と共に剣術・兵法の習得に励みました。



◎ 京都府京都市左京区鞍馬本町付近の地図


300万広域図 (潟Aルプス社 "プロアトラスSV"より) ※ 上図をクリックすると拡大します。



25万広域図 (潟Aルプス社 "プロアトラスSV"より) ※ 上図をクリックすると拡大します。






市場やぐら / 大屋根小脇板正面左