やぐらの彫物研究



彫物研究 feat. 和泉鳥取の彫物











▲ まずはやぐら本体の正面と後面。



▲ 次いで右平。



▲ そして左平。



▲ ココからは各箇所の彫物、まずはやぐらの顔とも言える鬼板三面。



▲ 次いで懸魚三面。



▲ ココからは大屋根正面、まずは桝組・欄間・そして小脇板。



▲ 続いて桝合「神武天皇御腰掛けの地」。



▲ 次いで勾欄合・犬勾欄・板勾欄。



▲ ココからは大屋根右面、まずは桝合「神功皇后 応神天皇を御平産す」。



▲ そしてやぐらのメインの彫物である幕板「賤ヶ岳合戦 加藤清正の勇戦」。



▲ 右面・左面の板勾欄・縁葛。



▲ 大屋根左面に移ります。まずは桝合「天湯河板挙命の白鳥捕獲伝説」。



▲ そして幕板二面目「福島市松正則の功名」。



▲ 大屋根後面の欄間、桝合、そして犬勾欄後面。



▲ 右面・左面の欄間、脇障子、そして駒。



▲ 大屋根八ヶ所の木鼻。



▲ 大屋根の最後は隅出と横槌。



▲ ココからは小屋根へ、まずは小屋根桝合正面と欄間。



▲ 次いで太鼓廻りと台木・妻台。



▲ ココからは小屋根右面、まずは桝合「雨乞い神事」。



▲ 幕板三面目「関ヶ原の合戦 桃配山」。



▲ 上から欄間、板勾欄、縁葛。



▲ 最後に小屋根左面に移ります。まずは桝合「琵琶岸懸,大鳥居」。



▲ 幕板四面目「関ヶ原の合戦 笹尾山」。



▲ 上から欄間、板勾欄、縁葛。



▲ 小屋根六ヶ所の木鼻。



▲ 小屋根の最後は隅出と横槌。



▲ 細かいところにもこだわり満載。



▲ 最後に本幕と纏。




図録:和泉鳥取の彫物