おおひがしれんちゅう
大東連中
(岬町・淡輪地区)



明治30年頃新調





大東連中 (おおひがしれんちゅう・岬町淡輪地区)
 ・新調:明治30年頃
 ・大工:不明
 ・彫師:西岡弥三郎政光氏
 ・本幕:不明
 ・太鼓:不明
 ・宮入:船守神社



● 現在のやぐら
明治30年頃に泉南市方面から購入したと言われている。これが確かなら泉南市樽井地区の提灯講が高い。彫師は西岡弥三郎政光氏。提灯は正面に「御神燈」、屋根周りには赤地に白文字で「東」。

● 彫物図柄解説
◎ 彫物図柄解説
【大屋根廻り】
・鬼板 − 正面:獅噛み、 後面:獅噛み
・懸魚 − 正面:阿形の唐獅子、 後面:鷲の猿掴み
・飛檐垂木 − 獅子
・車板 − 正面:?、 後面:?
・小屋虹梁 − 波濤
・枡組 − 龍,獏 【五手先七段】
・枡合 − 右:?、 左:? 【水滸伝】
・虹梁 − 波間に千鳥
・欄間 − 正面:轟天雷凌振 梁山泊に子母砲を撥す、 右:智多星 呉用、 左:鉄笛仙 馬麟 【水滸伝】
・長押 − 牡丹
・小脇板 − 右:船火児 張横、 左:大刀 関勝 【水滸伝】
・幕板 − 右:徐寧 鈎鎌鎗を使い連環馬軍を撃破す、 左:入雲龍 公孫勝 【水滸伝】
・脇障子 − 右:轟天雷凌振 山塞に風火子母砲を放つ、
       左:中箭虎丁得孫 欽州の山路にて毒蛇に出あう 【水滸伝】
【腰廻り】
・犬勾欄 − 正面:波に玄武、 右:波に玄武、 左:波に玄武
・擬宝珠勾欄 − 勾欄合:波濤、 束:力神
・板勾欄 − 正面:龍宮の珠取り海女、 右:?、 左:黒旋風 李逵 【水滸伝】
【小屋根廻り】
・飾目 − 波間に龍
・懸魚 − 鷲の猿掴み
・飛檐垂木 − 無紋
・地垂木 − 無子
・車板 − 阿形の唐獅子
・小屋虹梁 − 瑞雲
・枡組 − 龍 【二手先四段】
【本幕】
・本幕 − 正面:雲に「東組」の文字、 右:雲に二鷹に三なすび、 左:雲に一富士(赤富士)

● 曳行パターン
・宵宮:ところ曳き、船守神社へ宮入
・本宮:ところ曳き、淡輪漁港、船守神社へ宮入

● 大東連中の略年表
・明治30年頃−現在のやぐらを購入。
・昭和61年9月−本幕を新調。
・昭和61年9月28日−御堂筋パレードに参加。
・平成20年10月−金剛組によりナガヤ,小屋根柱を修復、欠損彫物は目賀欄間店にて修復。
・平成23年10月−鬼板を新調。




平成23年10月 − 鬼板を新調。


やぐら部屋


(地図をクリックすると、拡大します)