おかだなかぐみ
岡田西組
(泉南市・西信達地区)



平成21年新調 (9月13日日曜日入魂式)





岡田中組 (おかだなかぐみ・泉南市西信達地区)
 ・新調:平成21年 (同年9月13日入魂式)
 ・大工:池内工務店
 ・彫師:野原湛水氏
 ・本幕:株式会社谷尾
 ・太鼓:太鼓正
 ・宮入:里外神社



● 先代のやぐら
先代やぐらは明治25年に大工:不明、彫刻:高松一門によって新調。元々は岡田の回船問屋が寄って作ったと伝えられている。平成21年7月5日日曜日に昇魂式を実施、8月9日日曜日に和歌山県橋本市の老人ホームへ搬出されました。
→詳細ページへ

● 現在のやぐら
平成18年に原木祭を実施、平成21年に大工:池内工務店、彫師:野原湛水氏によって新調、同年9月13日日曜日に里外神社にて入魂式を実施しました。また提灯は正面に「中組」、屋根周りには「中」。

● 彫物図柄解説
【大屋根廻り】
・鬼板 − 獅噛み
・箱棟 − 宝珠を掴む青龍
・懸魚 − 正面:鳳凰、 後ろ:飛龍
・車板 − 正面:恵比寿天と大黒天、 後ろ:素戔嗚尊 大蛇退治
・二重枡合 − 右:雷神、 左:風神
・枡合 − 正面:北野大茶会、 右:秀吉 屈辱を忍ぶ、 左:大徳寺 焼香の場、 後面:秀吉 辞世の句
・虹梁 − 若葉
・欄間 − 正面:清洲会議、 右:高松城水攻め、 左:長浜城初城主、 後ろ:清洲城 割普請
・長押 − 妻:梅に山鵲、 平:牡丹に山鵲
・柱巻 − 右:昇龍、 左:降龍
・小脇板 − 右:豊臣秀吉、 左:徳川家康 【小牧長久手の戦】
・幕板 − 右:佐久間玄蕃 秀吉本陣に乱入す、 左:尼崎の危難
・脇障子 − 右:餅をつく信長,こねる光秀、 左:秀吉が餅をこね,食べる家康 【御代乃若餅】
・兜桁 − 里外神社御神紋
・番号持(札差) − 豊臣秀吉
・犬勾欄 − 正面:阿吽の唐獅子、 右:虎、 左:鶴
・擬宝珠勾欄・勾欄合 − 正面右:稲葉山城攻略、三献の茶、
       正面左:信長から乙御前の釜を拝領、勝家と意見が合わず 長浜に帰還、
       右:日吉丸誕生、松下加兵衛との出合い、光明寺を出される、オネと結婚、
       左:半兵衛 最後の策を進言、百姓太郎助 瓜献上す、石川五右衛門 香炉盗り、
         伏見城で死す 【太閤立志伝】
・束 − 力神
・内勾欄 − 関白 祝賀の宴
・板勾欄 − 正面右:傳八郎 捕わる、 正面左:光秀 本陣へ撤退、 右:中国大返し、 左:山崎の合戦
・縁葛 − 正面:賤ヶ岳大合戦
【小屋根廻り】
・鬼板 − 獅噛み
・箱棟 − 波に玄武
・懸魚 − 松に鷹
・車板 − 後鳥羽上皇に鰈を献上す
・二重見送り − 本能寺の変
・虹梁 − 若葉
・欄間 − 右:草履取り、 左:日吉小六 矢作橋出会い
・長押 − 梅に山鵲
・太鼓周り − 醍醐の花見
・幕板 − 右:秀吉 富士川の初陣、 左:加兵衛 危急を救う
・板勾欄 − 右:金ヶ崎退口、 左:小谷城 虎口抜け
・縁葛 − 右:長短槍試合、 左:前田利家に湯漬けを所望
【本幕】
・本幕 − 正面:里外神社御神紋に岡田の文字、 右:加藤清正 虎退治、 左:加藤清正 虎退治

● 曳行パターン
・宵宮:ところ曳き、西信達パレード
・本宮:ところ曳き、里外神社へ宮入

● 岡田中組の略年表
・明治25年−先代やぐらを新調。
・平成10年−大修復を実施。
・平成16年−本幕を新調。
・平成16年−岡田弐号から岡田中組へ呼称変更。
・平成18年−やぐら新調原木祭を実施。
・平成21年7月5日−昇魂式を実施。
・平成21年8月9日−和歌山県橋本市の老人ホームへ搬出。
・平成21年9月13日−やぐらを新調、里外神社にて入魂式を実施。
・平成21年9月26日−やぐら新調記念誌撮影会を実施。
・平成21年10月20日−泉州物語にて特集記事が掲載される。
・平成22年3月下旬−やぐら新調記念誌を発刊。




平成21年7月5日 − 昇魂式を実施。


平成21年8月9日 − 和歌山県橋本市の老人ホームへ搬出。


平成21年9月13日 − やぐらを新調、入魂式を実施。


平成21年9月26日 − やぐら新調記念誌撮影会を実施。


平成21年10月20日 − 泉州物語にて特集記事が掲載される。


平成22年3月下旬 − やぐら新調記念誌を発刊。


やぐら小屋


(地図をクリックすると、拡大します)