きたの
北野
(泉南市・西信達地区)



平成12年新調 (9月10日日曜日入魂式)





北野 (きたの・泉南市西信達地区)
 ・新調:平成12年(同年9月10日入魂式)
 ・大工:味園建設
 ・彫師:木下彫刻工芸
 ・本幕:川村刺繍
 ・太鼓:不明
 ・宮入:一岡神社



● やぐらの歴史
三先代前のやぐらは地元の大工によって新調、明治42年か43年頃に解体し彫物は売却されました。先々代のやぐらは大正4年頃に多奈川から購入、その後老朽化によって倒壊する。先代のやぐらは昭和9年か昭和12年に大工:小川光造氏,稲葉久吉氏、彫師:開生aによって新調、現やぐら新調に際し平成12年に活ョ工務店に売却、その後平成17年に金熊寺へ譲渡され同年9月19日復活入魂式を実施しました。

● 現在のやぐら
平成12年に大工:味園建設(山本義明氏)、彫刻:木下彫刻工芸によって新調、同年9月10日日曜日に一岡神社にて新調入魂式を実施しました。提灯は正面、屋根周りともに「北野」。

● 彫物図柄解説
【大屋根廻り】
・鬼板 − 獅噛み
・懸魚 − 正面:鳳凰、 後面:雲に鶴
・車板 − 正面:日吉誕生 【太閤記】
・小屋虹梁 − 雲海
・飛檐垂木 − 「北」の文字
・地垂木 − 獅子
・枡組 − 龍,獅子,獏,牡丹 【六手先八段】
・枡合 − 正面:富士川の初陣、 右:桶狭間の戦い、 左:高松城水攻め、 後面:小田原攻め 【太閤記】
・台輪 − 牡丹
・木鼻 − 正面右:子を抱く唐獅子、 正面左:鞠を抱く唐獅子、 右前:鈴を抱く唐獅子、 左前:小槌を抱く唐獅子、
       右後:宝珠を抱く唐獅子、 左後:牡丹を咥える唐獅子、 後面右:杯を抱く唐獅子、
       後面左:瓢箪を抱く唐獅子
・虹梁 − 正面:牡丹に若葉、 右:青龍に若葉、 左:朱雀に若葉
・欄間 − 正面:尼崎の難、 右:小栗栖 明智光秀の最後、 左:山崎の合戦 【太閤記】
・長押 − 正面:梅に山鵲、 右:牡丹に鳳凰、 左:菊に鳳凰
・柱巻 − 右:昇り龍、 左:降り龍
・小脇板 − 右:加藤虎之助 山路将監の血戦、 左:加藤清正 虎退治 【太閤記】
・御簾板 − 一岡神社御神紋
・幕板 − 右:秀吉本陣 佐久間玄蕃乱入、 左:加藤嘉明 勇戦 【太閤記】
・脇障子 − 右:本能寺の変 織田信長、 左:本能寺の変 森蘭丸 【信長公記】
・竹の節 − 青海波に一岡神社御神紋
・兜桁 − 一丘神社御神紋
・犬勾欄 − 正面:阿吽の唐獅子、 右:風神、 左:雷神
・擬宝珠勾欄 − 勾欄合正面右:辰,巳、 正面左:午,未、 右:子,丑,寅,卯、 左:申,酉,戌,亥 【十二支】、 束:力神
・板勾欄 − 正面右:幸村 家康本陣襲う、 正面左:木村重成 勇戦 【難波戦記】、 右:三方ヶ原の戦い、
         左:姉川の戦い 【信長公記】
・縁葛 − 牡丹に唐獅子
【小屋根廻り】
・鬼板 − 獅噛み
・懸魚 − 松に鷹
・車板 − 日吉丸小六の出会い 【太閤記】
・小屋虹梁 − 雲海
・飛檐垂木 − 「北」の文字
・地垂木 − 獅子
・枡組 − 龍,獅子,獏,牡丹 【四手先六段】
・枡合 − 後正面:醍醐の花見、 右:草履取り、 左:地震 加藤 【太閤記】
・台輪 − 牡丹
・木鼻 − 正面右:子を抱く唐獅子、 正面左:鞠を抱く唐獅子、 右前:鞠を抱く唐獅子、 左前:牡丹を咥える唐獅子、
       右後:巾着を咥える唐獅子、 左後:鈴を抱く唐獅子
・虹梁 − 後正面:牡丹に若葉、 右:白虎に若葉、 左:玄武に若葉
・欄間 − 右:秀吉 光成の出合い、 左:長短槍試合 【太閤記】
・長押 − 右:楓に山鵲、 左:桐に鳳凰
・幕板 − 右:福島市松 勇戦、 左:脇坂甚内の戦い 【太閤記】
・板勾欄 − 右:秀吉の腹を探る、 左:秀吉 屈辱を忍ぶ 【太閤記】
・縁葛 − 右:清洲 登城、 左:大徳寺焼香の場 【太閤記】
【本幕】
・本幕 − 正面:「北野」の文字、 右:仁田四郎忠常と曽我十郎祐成、
       左:小舎人五郎丸と曽我五郎時致 【曽我十番斬り】

● 曳行パターン
・宵宮:ところ曳き、西信達パレード
・本宮:ところ曳き、一岡神社へ宮入

● 北野の略年表
・明治42年か43年−三先代前のやぐらを解体。
・大正4年頃−多奈川から先々代やぐらを購入。
・昭和9年か12年−先代やぐらを新調。
・平成12年−先代やぐらを活ョ工務店へ売却。
・平成12年9月10日日曜日−現在のやぐらを新調、一岡神社にて新調入魂式を実施。
・平成16年11月21日日曜日−先代やぐらを金熊寺へ搬出。
・平成17年9月19日日曜日−先代やぐら、金熊寺として入魂式を実施。
・平成18年9月3日日曜日−駒を新調、入魂式を実施。
・平成28年4月24日日曜日−やぐら小屋を新築、新築記念曳行を実施。
・平成28年7月31日日曜日−駒を新調、入魂式を実施。




先代やぐら。


先代やぐら。


昔の本幕。


平成16年11月21日 − 先代やぐらを金熊寺へ搬出。


平成17年9月19日 − 先代やぐら、金熊寺として入魂式を実施。


平成18年9月3日 − 駒を新調、入魂式を実施。


平成28年4月24日 − やぐら小屋を新築、新築記念曳行を実施。


平成18年9月3日 − 駒を新調、入魂式を実施。


やぐら小屋


旧やぐら小屋


(地図をクリックすると、拡大します)