やぐらについての概要




「やぐら」とは阪南市を含む泉州地域(阪南市・泉南市・岬町・泉佐野市の一部・田尻町の一部)で秋祭りの際に曳行される山車の総称である。現在51台ものやぐらが各地で曳行されている。このやぐらを説明すると、祇園祭で曳かれる山鉾に似てて、岸和田祭で曳かれるだんじりの二輪版って感じですが、これじゃあ余りにも説明不足なので、そう少し詳しく説明しようと思う。

さて、このやぐらの詳細を触れる前にまずは前述の祇園祭の「山鉾」、そして岸和田祭の「だんじり」について軽く触れてみようと思う。







 祇園祭について


(京都市祇園祭・函谷鉾)
祇園祭は全国の祭りの発祥の祭りとも言われてまして、その歴史は平安時代貞観11年(869年)、都(現在の京都)に疫病が流行した時、その退散を願って御霊会を始めたのが起源と言われており、天禄元年(970年)からは毎年行われる様になりました。以来、祇園御霊会すなわち祇園祭はさまさまな変遷を重ね、南北朝時代の14世紀には現在の山鉾の原型ができたと言われています。

室町時代には山鉾の数も増え、また趣向を凝らした立派な山鉾になりましたが、京都を焼き野原にした応仁の乱で祇園祭は一時中断。しかし応仁の乱後20年余り過ぎた明応9年(1500年)、山鉾を復活させ、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて、海外貿易によって町衆も繁栄していった結果、山鉾はさまざまな装飾品を飾った立派な山鉾になって現在に至ってます。

現在では毎年7月1日から一連の祇園祭が始まり、7月17日9時より長刀鉾を先頭に32基の山鉾が、四条烏丸を出発し、四条通を東へ巡行、河原町通を北上し河原町御池から御池通を西行、御池新町で解散し、それぞれの町内へ帰町する。

この山鉾巡行の一番の見せ場が「辻廻し」と言われる、交差点を90度廻す様子。祇園祭でも「廻す」と言うのが1つのポイントとなる。








 岸和田祭について


(岸和田市・大北町のだんじり)

そもそも全国の祭りの発祥は祇園祭ですが、岸和田祭の山車である"だんじり"は、京都→大阪→堺→泉大津→岸和田と伝わったと言われてます。

この岸和田だんじり祭の起源は定かではありませんが、一般に言われているのは元禄16年(1703年)、岸和田藩主岡部長泰公が、京都伏見稲荷を岸和田城内三の丸に勧請し、五穀豊穣を祈念した稲荷祭がその起源であり、年に一度城下町の人々を城に招待したと言われています。古くは獅子舞や相撲、俄芸等が行われましたが、天神祭を含む大阪の祭りの影響を受け、次第に長持に太鼓をのせ、綱をつないで引っ張った山車を曳く様になりました。この山車は祇園祭を発祥とした山車であり、現在のだんじりにつながってると言われています。

現在では、泉佐野市・田尻町以北の各地にだんじりがあり、
特に全国的に有名な岸和田市・旧市地区には22台ものだんじりが曳行され、毎年敬老の日の前の土曜日・日曜日に祭禮が行われてます。

ちなみに、だんじりの見せ場は「やり廻し」、交差点を勢いよく90度廻す様子。ココでも「廻す」と言うのが1つのポイントとなる。


(岸和田城)

(京都から岸和田までの地図)








 やぐらについて


(貝掛のやぐら)
さて本題のやぐらについて、やぐらもだんじりと同じく祇園祭を発祥としてますが、だんじりは京都→大阪→堺→泉大津→岸和田と伝わったと言われているのに対し、やぐらの場合は奈良→和歌山→泉州地方と伝わったと言われてます。奈良・和歌山の間はまだだんじりの形を残していましたが、紀伊山脈を越えたあたりで四輪から二輪になったと言われています。なぜ二輪かと言うと坂道が多い地形なので曳きやすい二輪のやぐらになったと言われています。

今では阪南市,泉南市,岬町,泉佐野市と田尻町の一部に51台ものやぐらが存在しています。

この様な歴史のあるやぐらは江戸時代後半の天保期(1830年〜1844年)に誕生したと言われています。おおよそのつくりは大屋根,子屋根を有しだんじりと同じですが、大きな違いはだんじりは駒が四輪ですが、やぐらは駒が二輪だと言う点です。でも二輪と言っても直径2m前後もある大きな駒です。

まただんじりは大工方が屋根に乗っていますがやぐらは屋根には乗りません。なぜならやぐらは上下に大きく揺らすからです。これもやぐらの大きな特徴でしょう。あと、だんじりには前梃子がありますが、やぐらには前梃子はなく、梶台と言ってやぐら本体に伸びた木があり、それを使って梶をとります。また太鼓が後ろにあるというのも特色ある点だと思います。その他特徴は色々ありますが、割愛させていただきます。


(やぐらの特徴である大きな駒)


(やぐらの特徴である梶台)


(太鼓はやぐらの後ろにあります)

(京都から泉州地域までの地図)








 阪南市のやぐらについて


(波太神社・拝殿)
あと波太神社には阪南市内のやぐらについての文献が残ってあり、昔は旧暦の2月と6月の丑の日に祭りを行っていたので「丑祭り」と称し、旧暦2月の初丑には貝掛の指出森神社へ御神輿の渡御があり、その際に貝掛から甲冑姿の武者が出迎える慣わしがありました。

一方、旧暦6月の祭りには波太神社にやぐらを曳き入れ五穀豊穣を祝いながらやぐらを曳いていたそうで、「石田の血祭り」「喧嘩祭り」とも言われたそうです。大昔の波太神社の祭礼は祭礼日前日にやぐらが波太神社の境内(今の馬場先付近?)に一同に集まり、夜通し祝い、日付が変わると宮入りして神様をやぐら内部に迎え入れ、村に持ち帰ってから祝う祭りだったそうです。でも夜に行っていた荒々しい、喧嘩や死人の絶えなかった祭りは藩から祭礼日改正を求められ、秋祭りとして五穀豊穣を祝う昼中心の祭りに変更されました。変更されても祭礼の始まりは宮入で、宮入をして神様を地区に迎え入れてからでないと地区内での曳行はできませんでした。現在でも宮入が遅いと曳き出し時間を遅らせる地区があるのはこの名残があるためです。

さて、現在は後宮に行っている御輿の渡御は、本来は旧暦2月に行われていた波太神社の例大祭(やぐらの曳行は旧暦6月)、年に二度大きな祭礼があるのは具合が悪いと藩から祭礼日改定の達しが出、やぐらの曳行の次の日に行うこととなりました。でも遅い時間に宮入りするやぐらの地区もあり、また御輿の渡御に係わる地区もあることで、1日目だけでは地区内でのやぐらの曳行が十分にできない場合があるので、また近隣のほとんどの地区はだんじりの曳行を2日間曳いていることもあり、2日目にもやぐらの曳行をするようになりました。

やぐらの数もかつては40台から50台ありましたが、大正時代には20台余り、昭和5年21台、昭和33年には18台と減少しました。しかしながら昭和61年に下出が復活、平成8年に相生町も復活して今では阪南市内20台のやぐらが活躍しています。下記に40台から50台のやぐらが20台へ集約した歴史をまとめてみました。

◆ 下荘地区
貝掛 貝掛
箱作東 箱作東
箱作西 箱作西
◆ 西鳥取地区
鳥取・東出 西鳥取上組
鳥取・上出
鳥取・北出 榮組
鳥取・中出
鳥取・出島 波有手組
鳥取・西出
鳥取・南出
鳥取・本 不明???
新町・北(北出) 新町
新町・中(中出)
新町・西(川向)
◆ 東鳥取四地区
石田宮本・上 石田宮本
石田宮本・下
黒田・上 黒田
黒田・下
黒田・村
下出3台 下出
鳥取中2台 鳥取中
桑畑・上 やぐら無し
桑畑・下
◆ 東鳥取五地区
和泉鳥取2台 和泉鳥取
山中渓3台 山中渓
自然田・寺脇 自然田上組
自然田東組
自然田上東組
自然田・芝
自然田・上出
自然田・南
自然田・東野
◆ 尾崎地区
尾崎・相生2〜3台 相生町
尾崎・北出 朝日町
尾崎・海老野 大西町
尾崎・西出
尾崎・天王町 尾崎宮本町
尾崎・本町
尾崎・南出 不明???
尾崎・福島 やぐら無し







 祭禮日程について


(幼き頃の管理人)
もともと阪南市の祭禮は「体育の日」を中心に日程が決まってました。ちなみに「体育の日」とは、昭和39年10月10日の東京オリンピック開会式の日を昭和41年から国民の祝日として10月10日を、「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」事を趣旨として制定された日です。

ところで、管理人の産まれる前には祭禮は三日間行われてたと聞いた事があります(確信ありませんが…)。一日目は今で言う試験曳き、二日目は今で言う本宮、三日目は今で言う後宮。この歴史はいつまで続いたかは解りません…(自町のみかも知れませんし…)。

で、管理人の記憶のある範囲では「体育の日」の前日(10月9日)が試験曳き、当日(10月10日)が本宮、翌日(10月11日)が後宮で、本宮の日に箱作東,箱作西を除く18町は波太神社へ宮入します。

平成12年に「ハッピーマンデー制度」が適用され、今までの10月10日が体育の日だった祝日法が、10月第2月曜日が体育の日へと変更されました。阪南市の祭りも平成12年を期に、10月第2月曜日(体育の日)を後宮、その前日を本宮と変更されました。つまり、本宮,後宮両日とも休日なので祭りへ参加しやすい反面、毎年祭禮の日程が変わると言う妙な現象も起こりました。

ココまではいわゆる「祭禮」に関する日程の話ですが、続いてはパレードに関して。そもそものパレードは平成3年10月6日(日)に行われた"阪南市・市制施行記念やぐらパレード"に起因するかと思います。でもこのパレードに関しては後述する事にします。で、近年のパレードは平成13年に行われた阪南市・市制施行10周年記念やぐらパレードです。これまた後述しますが、平成14年以降のパレードの日程に関して。

平成14年以降のパレードは通称「阪南市やぐらパレード」と総称されてますが、このパレードの日程は本宮の1週前の日曜日に行われてます。何故なら、下荘地区や山中渓と言った遠距離をはるばる阪南市役所前までやってくる町のために、1週前にパレードを行う事によって、本宮,後宮でのところ曳きの時間を確保するためかと思われます。

現在では、下記の7パターンのいずれかに該当します。

パターン1
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
パターン2
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
パターン3
2 3 4 5 5 7 8
9 10 11 12 13 14 14
パターン4
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
パターン5
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
パターン6
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
パターン7
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19








 波太神社宮入について


(宮上がりを終えた貝掛のやぐら)

続いて本宮の波太神社宮入について。本宮の日には箱作東,箱作西を除く18台ものやぐらが波太神社へ宮入します。波太神社宮入りに関しては「宮一番」といった特例はなく、〆縄を入る時間(宮入り)が8時から各町30分の持ち時間で最終の町が境内を出る時間(宮出)が17時の9時間に渡って、馬場先を練りまわし、最後に参道を駆け、7段の階段を登り(宮上がり)、拝殿へ参拝します。

ただ、各町30分の持ち時間を3町から5町がグループを組んで一緒に曳行するので、実際は2時間前後の持ち時間があります。そのグループの組み方は、御神輿のグループを元にしてまして、下記の通りです。

基本的には旧南海町グループと旧東鳥取町グループが毎年午前・午後と入れ替わり、その中で5グループが入れ替わるといった形態をとってます。

● 旧南海町グループ
 ・貝掛、新町、西鳥取上組、榮組、波有手組
 ・相生町、朝日町、大西町、尾崎宮本町
● 旧東鳥取町グループ
 ・石田宮本、黒田、下出
 ・鳥取中、和泉鳥取、山中渓
 ・自然田上組、自然田東組、自然田上東組


(1時間から2時間程度、複数台のやぐらが馬場先をまっせーします)


(鳥居をくぐり、参道を駆けて来ました)


(7段の階段を一気に駆け登ります)

(宮上がりを終え、拝殿前でしこってます)








 御神輿について


(海老野の浜へ入る御神輿)
さて本題のやぐらとは若干話がそれますが、波太神社つながりで御神輿について。本宮の日にやぐらが波太神社へ宮入しますが、後宮の日には御神輿が波太神社から海老野の浜まで繰り出します。この御神輿は波太神社へ宮入する18町の中、貝掛を除く17町と桑畑が加わった18町で8年に1度、順番がまわってきます。

海老野の浜では3台の御神輿が海に入る光景を見る事ができ、担ぎ手が実際に海へ入るのは非常に珍しいそうです。

● 御神輿のグループ
 ・石田宮本、桑畑
 ・自然田上組、自然田東組、自然田上東組
 ・黒田、下出
 ・鳥取中、和泉鳥取、山中渓
 ・相生町、朝日町
 ・大西町、尾崎宮本町
 ・西鳥取上組、榮組、波有手組
 ・新町








 阪南市やぐらパレードについて


(阪南市やぐらパレード開会式)



(地図をクリックすると、拡大します)
最後に、阪南市やぐらパレードについて。前述の通り平成13年から阪南市内全20台が集まって開催されてます阪南市やぐらパレード。開会式会場である阪南市役所に全20台が集まり開会式を実施後、19時まで左記コースを曳行するもの。基本的に尾崎駅前を中心に、マンダイ前コースと笠松産婦人科前コースを曳行するパレードです。夕刻からは提燈に明かりが点り、燈入れ曳行も見ものです。

このパレード開催までには、春頃から事務局、評議会、実行委員会、青年団幹事会等々の寄合を重ねて実施されるもので、特に6月頃に行われる実行委員会で各町青年団団長によるくじ引きで、開会式での据え位置が決定されます。

なお、阪南市やぐらパレードの概要は下記の通りです。

・15時30分 − 開会式会場(阪南市役所前)に入場
・16時00分 − 開会式開始
・16時20分 − パレード開始
・19時00分 − 流れ解散